事業紹介

空芯菜

主な栄養素
βーカロテン、ビタミンB1、ビタミンC、カルシウム
収穫時期
6月~10月
種類

空芯菜はもともと中国での呼び名であり、茎の中が空洞になっている事から名づけられました。国内では沖縄や九州など暖かい地方を中心に栽培され、全国の市場に安定して流通する程の量は生産されていません。若い葉はシャキシャキとした食感と少しヌメリを持つことが特徴です。栄養素としてはβーカロテンが多く含まれており、生活習慣病の予防に役立ちます。


お問合せ