機能性野菜加工商品
ラインナップ

ちしゃとうの素

ツラい季節のむずむずがスッキリ

ちしゃとうの素
オンラインショップで購入する

スーパーベジタブルとして最近注目を集めている「ちしゃとう」。

ちしゃとうは、茎レタスとも言われるレタスの仲間で、古代エジプトや中国が原産の野菜です。 中国伝統医学では「肝機能改善」効果のある野菜とされ、「台所の薬」ととして重宝されています。

フランスでは、夜の食事にはちしゃとうをいっぱい食べるとよく眠れるとも言われています。
ほんのりとした苦みは、和風、中華、洋風などいろいろな料理やデザートにも使うことができます。

 

ちしゃとうの栽培

日本では高級な和食の食材として料亭、京料理のおせちなどで利用されています。 ビタミンやβカロチンだけけでなく、カリウム、ヨウ素、ビタミン、βカロチンが豊富に含まれているそうです。

また、抗アレルギー作用があるとされているポリフェノールの一種、ケルセチン配糖体やクロロゲン酸、チコリ酸といった成分も含まれているのです。

岡山大学との共同研究では、ヒスタミンを投与したマウスを使った実験でも、ちしゃとうを与えたマウスは10分後に、くしゃみが1/3ほどに緩和されるという結果が出ました。 そして、ついに、「ちしゃとう」は2016年に、野菜で初めて抗アレルギー作用の特許(特許第5906872号)を取得しました。

ちしゃとう100%粉末「ちしゃとうの素」

ちしゃとうの素は群馬県藤岡市の農場で自社栽培したちしゃとう100%を粉末に加工した商品です。
水や牛乳、コーヒー、ヨーグルト、お料理に混ぜてお飲みください。

 

栄養・内容量など

栄養成分表示
100gあたり
エネルギー
336kcal
タンパク質
17.3g
脂質
2.7g
炭水化物
60.7g
食塩相当量
0.7g
鉄分
8.2g
カルシウム
580mg
その他成分
ポリフェノール(ケルセチン、チコリ酸、クロロゲン酸、カフェ酸)
内容量
80g(約1か月分)
飲む量目安
1回2~3プッシュ (体調に合わせて加減してください)
飲み方
食事の15~30分前に、1回2~3ワンプッシュを目安にカップに入れ、水やお湯、牛乳などを注いでお召し上がりください。 アイスクリームやヨーグルトに混ぜても構いません。
ちしゃとうの抗アレルギー作用を実証した経緯と実験について
  • ちしゃとうの元
  • ちしゃとう粉茶
  • 桑の元
  • 桑粉茶
  • ふじ美草粒
  • 桑効青汁すっきり